忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 02:39 】 |
肥満が引き起こす病気
肥満が引き起こす病気は、
腰痛、ひざ痛、関節痛、動脈硬化、糖尿病、
高血圧、高脂血症、心筋梗塞などなど。

どの病名を見ても、恐ろしく
死を招く病名も含まれています。

では、肥満が原因の病気について説明します。

肥満になると、さまざまな病気を引き起こしやすくなり、
合併症の発生率も高くなります。

肥満体型だと、体の全体に対しての負担が大きくなります。

特に、腰やひざ、筋肉や関節への負担の大きさは、
はかりしれないものです。

長期間、肥満体型でいることで、
体の重みに耐えられず、
関節に炎症を起こすなど日常生活に大きな影響を与えます。

肥満で一番怖いのが、動脈硬化や糖尿病、高血圧、
高脂血症、心筋梗塞などの生活習慣病になる可能性が
通常の人と比べて2~5倍も高くなることです。

肥満になってしまった場合には、
血糖値を下げようとインスリンが活発に分泌されるようになりますが、
やがてインスリンが効かなくなり、
血糖値を下げることができず、糖尿病になります。

糖尿病は放置すると、脳や心臓、
目など全身に障害が出てきます。

また、肥満になると、体が大きくなっている分、
何をするにもエネルギーが多く必要になり、
心臓への負担が大きくなるものです。

それに、体が大きくなった分、
末端の血管への距離が遠くなって、
全身に血液を送り出している心臓への負担が大きくなり、
その結果として、高血圧となってしまいます。

さらに、肥満による高血糖や高脂血の状態は、
血液の流れを悪くしたり、血管を詰まらせるなどで、
動脈硬化や脳卒中などの原因となってしまうのです。

このように、肥満と病気には深い関係があります。

肥満であることが、直接的に「死」に結びつくことはありません。

でも、肥満であることは、
肥満が原因の一つとして引き起こる恐ろしい病気の発症リスクを高めてしまいます。
PR
【2011/10/01 18:20 】 | 肥満が原因の病名
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>