忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 02:39 】 |
肥満細胞って難敵
実は肥満細胞はあなたの体を外的から守る働きを持っていますが、
体のあちこちに肥満細胞が溜まると厄介なことになります。

そんな肥満細胞の良いところや悪いところの説明をさせて頂きました。

あなたは、、肥満細胞という言葉を知っていますか?

肥満細胞とは、
免疫システムの重要な部分を構成する細胞組織の一つと言われています。

でも、このような言われ方をしても、
何の事かさっぱりわかりませんよね。

肥満細胞とは、簡単に説明すると、
かゆみやくしゃみ、
鼻水などのアレルギー反応を引き起こすヒスタミンなどの物質が詰まった細胞のことを言うのです。

肥満細胞と名前だけ聞くと、
肥満と関わっているのかなと思いがちです。

しかし、実際は外部から体内に侵入してきた細菌から体を守る働きをしています。

この細胞の働きのおかげで、
病気にかかることなく生活が出来ていると言っても過言ではありません。

ただ、一見、細菌から体を守る重要な働きをしているかのように見えますが、
この肥満細胞は体内に蓄積されていきます。

肥満細胞が皮膚や体のあちこちに過剰に増えて蓄積され、
肥満細胞が刺激反応を起こしてしまうことで、
かゆみや皮膚の盛り上がりを作り出してしまうことがあります。

これを肥満細胞症と呼んでいます。

じんましんによく似ているのですが、
じんましんと違って、
毎回決まった箇所でかゆみや皮膚の盛り上がりが見られるのが、
この病気の特徴だと言われています。

肥満細胞が蓄積される場所は、
皮膚だけでなく様々な箇所に蓄積され、胃や腸など消化器官やリンパ腺や骨、
肝臓やすい臓など、内臓系にも蓄積されます。

この病気は幼児期に発症する病気と言われていますが、
大人になってから発症することもあるので注意して下さい。

軽症の場合は、自然治癒することがほとんどですが、
あまりにもかゆみがひどかったりする場合は、
ヒスタミン剤を服用したり、
皮膚にステロイドクリームを塗って治療することもあります。

>>>体脂肪がどんどん燃える!いまだかつて無い秘密の痩せ方「スタイルエクサ+K」DVDマニュアル!現役インストラクターであり、日本肥満予防健康協会認定講師KEIKOが本当の痩せ方教えます。
PR
【2011/09/07 11:11 】 | 肥満細胞
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>