忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/20 20:05 】 |
隠れ肥満とは
隠れ肥満もれっきとした病気、いや怖い病気の引き金になりかねない。

怖い病気になる前に、隠れ肥満を解消するようにしましょう。

では、隠れ肥満についてお話しします。

見た目は全然太っていなくて体重も正常な値なのに、
体内の脂肪組織の割合が多い状態のことを「隠れ肥満」と言います。

隠れ肥満は本人に自覚がないことが特徴で、
体重に変化が無いにも関わらず、ウエストのサイズがアップしたりします。

肥満指数を表すBMIという言葉を聞いたことある方がほとんどだと思います。

BMI値が25以上であると一般的に肥満と言われているのですが、
かくれ肥満の場合はこのBMI値が25以下であることが多くあります。

隠れ肥満になりやすいタイプとしては、
デスクワークが中心の日常的に運動を行っていない中年男性があげられるでしょう。

また、食事制限だけで運動を行わないようなダイエットをして、
リバウンドを繰り返してしまっているような女性にも、
隠れ肥満が多いと言われています。

以前よりも少し疲れやすくなったなぁ・・・運動不足かもしれないなぁ・・・などなど、
心当たりのある方いらっしゃいませんか?

アルコールの摂取量が増えた方や間食や食事の時間が不規則な方も、注意が必要かもしれません。

隠れ肥満の場合、内臓の周辺に脂肪がついてしまっていることが多いので、
知らずのうちに糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかってしまっていることもあるのです。

自分も隠れ肥満かも?と思ったら、
一度病院へ行ってCTスキャンなどでお医者さんに診察してもらうと良いでしょう。

隠れ肥満と診断された場合、
食事制限を行うだけでなく、水泳やウォーキング、エアロビクスなどの有酸素運動を行うと、
隠れ肥満を解消することが出来ますよ。
PR
【2011/11/08 15:52 】 | 隠れ肥満
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>